とことんこだわって探す

アルバイトの探し方伝授!

チェックしたいポイント

求人情報はただだらだらと見ていてはいけない。自分が欲しい情報が掲載されているかどうかを見極めるのが重要である。そのことをしっかりと頭の中に入れておかなければならないだろう。
よくある問題として読み方を間違えて、実際に採用されて働き始めたら自分の思っていた通りにはいかないという問題である。これは油断してはいけないだろう。例えば生活をしていくためには仕事をしなければならないが、同時に心と体を休めるために休日はしっかり休ませて欲しいと考えるのは当然だ。ただ、求人に週休二日制と、完全二日制と書いている場合がある。それまで求人を見たことが無い方は間違いやすい書き方である。まず完全週休二日制は、一週間で必ず二日は休みがあるという形態だ。一般的には土曜日と日曜日が休みになる事が多い。業種次第では平日が休みとして設定されている事もある。しかし週休二日制は少し違う。ひと月のうちに二日休めるのは一週だけというケースだ。そして他の三週は週休は一日のみということもある。そのような部分をしっかりとチェックしなければならないだろう。
他にもフレックスタイム制というのも存在する。これは始業時間、あるいは終業時間は個人の自由としている形態だ。自らのライフスタイルに合わせられる形態である。例えば通勤ラッシュをずらして仕事へ行くという事も出来る。しかし、コアタイムという物があり、仕事をしていなければならない時間が設定されているのは忘れてはならないだろう。

Leave a Reply