とことんこだわって探す

アルバイトの探し方伝授!

情報による求人情報の違い

求人情報を探す際は媒体ごとの特徴を理解していると、欲しい求人情報にスムーズに辿りつける。求人情報はあらゆる情報媒体に記載されているが、一番費用がかかるのが全国的に発行部数が多い新聞に求人を掲載することである。情報提供側としては新聞という信頼度が高いメディアに載せることで求人自体の信頼性を高め、求人と同時に広告代わりに用いることができる。費用がかさむが読者が多いため、求人を必要としていて切羽詰っていたり、少しでも多くの候補者を求めるような仕事が多い。ただし、掲載紙面が限られており報量が著しく少なくなるため、他の媒体で補完するか担当者に問い合わせる必要性が生じる。
次に費用がかかるのがタウン誌である。無料で置いてるため通勤や通学の際に軽い気持ちで手に取り、中身を眺めることができる。地域が限られているため、自分の居住地の中にどのような求人があるのか、労働環境はどうなっているのかが俯瞰できるのが大きな利点である。大都市や求人が多い地域は、タウン誌ごとに読者に合わせた特色ある求人特集をしている。
最後にネットを利用した求人である。これは費用が嵩む大手の求人広告会社から、成功報酬のみを要求する小規模の求人広告会社まで様々ある。昨今ではエージェントやキャリアコンサルタントを利用した利用者一人一人に寄り添うような高付加価値のサービスがでてきたことと、その真逆で単純に情報を集約し、羅列しただけの簡素なものと二分化されてきている。

Leave a Reply